本文へスキップ

デザインリフォーム専門店 リフォーム・リノベーション 住宅再生 株式会社ディーズハウス 

TEL:090-2108-4880

〒662-0013 兵庫県西宮市新甲陽町5−43



about us D's HOUSE とはHEADLINE

ディーズハウスの考え

★ディーズハウスの業務内容★
・不動産仲介業
・リフォーム・リノベーション設計施工
・デザイン設計
 以上をメインとしております。

特にデザインリフォームを得意としており、既存住宅のリフォームはもちろん、デザインリフォームを視野に入れた中古マンション・中古戸建ての購入のお手伝いも行っております。
また、デザイン設計による店舗のデザイン設計・改装もお受け致しております。

■土地探し
土地探しをする時に、何を基準に選びますか?
南向きの土地・角地・周りの環境が良い・校区の希望・駅に近い・海が見える。などなど挙げればキリがないほど様々な希望がありますよね。
もちろん、予算や家族構成上必要最低限な坪数など、どうしようもない部分もあります。
そんな中で、土地形状や接道位置などは、建物の工夫次第ではどうにでもなる部分ではないかと考えてます。

南向道路の土地を希望されるお客様は非常に多いです。日当たりの良い住まいは心地よく・明るい健康的なイメージがありますよね。反対に、北向きの敷地のイメージは「暗い・寒そう」など頭の中で想像する絵図らはあまりよろしくない感じですよね。
でも、現実として北向き道路の住まいでも明るく・開放的で非常に心地良い空間の住まいで生活されている方も多くいらっしゃいます。
この、イメージと現実のギャップはどこから生まれるのでしょうか?

長年、建築の世界に身を置く私の実感として、「間取り次第」という結論に達します。

南向きの敷地を手に入れても、お客様の間取り要望では、南にあるリビングの目の前は駐車スペースで、常に車が停まっていて庭として活用出来てない。しかも、カーポートの屋根がせっかくの南からの日差しを遮っている。
案外こういったお家は多いのではないかと思います。
また、前面道路との距離があまりなく、通行人との目線が気になり、庭で寛ぐこともままならない。。。これも多い。

北側道路であれば、駐車スペースは当然北側で、建物の配置的にも北側にはトイレや洗面・お風呂・納戸など、開放感を期待しなくても良い部屋が並び、南側には空間が生まれ、お隣の目線さえ遮るプランにすれば、実は太陽サンサンと降り注ぐ心地よいプライベート空間が生まれたりします。

すべての敷地に上記の事があてはまる訳ではありません。
要は、敷地と建物要望(ボリューム)との関係次第です。そして、設計する側のアイデア次第。

ひとつ大切なのは、「土地探しの段階で、不動産屋がそこまで理解して探してくれるかどうか」ここに尽きます。

D's HOUSEでは、これまでいろいろな住まいを造ってきた経験を基に、土地探しの段階で「プラン作成・3D CADパースによる外観・内観・インテリアイメージ」を作成致します。
この土地を買った場合、こんな家になり、こんなライフスタイルになる。そのシミュレーションを行います。





■中古物件探し(デザインリフォームのススメ)
中古戸建て・中古マンション市場は今活気を浴びてます。
いろんな背景がありますが、新築購入と比べて比較的少ない予算でマイホームを取得する事が出来ます。
ただ、中古住宅の場合、ほとんどの方がリフォームを行って入居する事になります。
つまり、購入価格+リフォーム代が購入金額ということになります。
D's HOUSEでは、物件探しの段階からリフォーム計画も視野に入れた御提案を行ってます。
土地探しのとき同様に、「リフォームプラン作成・3D CADパース作成」をおこないます。より具体的に、総資金がいくらになるか?その場合、リフォーム後はどんな感じの住まいに生まれ変わるか?これを感じてもらうようにしてます

物件探しから・リフォームプラン作成・インテリアプラン作成・見積り・パース作成・施工までの一貫体制です。


■住宅会社選びのアドバイス(無料です)
土地探しも大変な作業と思います。そして、さあ土地が決まったから次は建築会社探しだ!となりますが、これがまた大変ですね。どこの会社のホームページを見てもその会社が良いという事が書いてある。どこが良いのか分からなくなってきた。。。お客様からよく聞く言葉です。
お客様のご予算や住まいに望んでいるものにより、選んで後悔しない会社は違ってきます。
第三者の立場から、ざっくばらんなお話が出来ればと思いますので、ご希望の方はお問い合わせください。
このアドバイスに関しては、無料にてお受けしてます。仕事でなく、長年住まい造りに携わってきた者として、一人でもいいから満足ゆく住まいに住んでほしい。住まい探しを間違えないでほしい。そういう思いからはじめてます。
出来れば、事務所へお越しいただき直接会ってお話しできれば一番ありがたいです。

バナースペース